肝臓がんを予防する方法|発症リスクを抑えよう

早期なら内視鏡手術が可能

女性

大腸がんは初期症状が出ないので発見が難しい病気です。早期発見された場合の治療は内視鏡手術が行われるので患者の負担が少なくなります。進んでいる場合は開腹手術をして、再発と転移防止のために化学療法と放射線治療が行われます。手術後の食事は消化の悪いものや食物繊維の食材は避けることが大事です。

もっと見る

更年期の心構え

悩む女の人

更年期に差し掛かると女性ホルモンの減少によって更年期障害が引き起こされます。一時的なことなので、症状が悪化しないように対策を取ることも大切です。日常生活のストレスにより悪化するので、ストレスを溜めないようにしましょう。

もっと見る

知っておくべきがんの知識

病院

現代の日本において死亡理由で最も多いのが、がんによるものです。がんは現代病とも、生活習慣病とも言われています。「がん」といっても様々な種類がありますが、その中でも肝臓がんはがんの死因では上位に位置するものです。肝臓がんの特徴は、初期症状はがんだと自覚できるようなことはあまりないことです。なぜなら、初期症状は栄養代謝能力の低下によって起きる軽い倦怠感や、疲れが取れにくくなる、といったものだからです。こうした症状だけで「がん」と自覚できる人は多くありません。他の症状として、食欲不振や腹痛、肝臓の炎症による発熱といったものがありますが、どれも風邪など他の病気と思えるようなものです。肝臓がんが悪化するとみぞおちにしこりを感じるようになります、異変を感じたら病院で診断してもらう必要があります。

比較的死亡率が高く、初期症状がわかりにくいのが肝臓がんです。最も有効な手段は肝臓がんにならないように普段の生活から予防する事です。そのために注目されているのがコーヒーを摂取する事です。コーヒーを飲まない人に比べて、コーヒーをほぼ毎日飲む人は肝臓がんの発症率は約半分になった、という研究データがあります。更に、毎日5杯以上コーヒーを飲む人は、飲まない人に比べて25%の発症率だった、という結果があります。コーヒーのどの成分が具体的に肝臓がんの予防に有効なのかはまだ明らかになっていません。また、他に予防するための手段として血液検査をすることです。肝臓がんの原因のほとんどは、B型肝炎ウイルスかC型肝炎ウイルスの感染によるものです。そこで血液検査をすることで、感染していないか把握しリスクを知る事が重要です。

本能的メカニズムの不調

悩む女の人

自律神経失調症は発症の仕方・要因も多様であり、ケアの方法選びや実施には慎重さが必要になってくると言えます。また医師の「都合」で、病名の見立てが難しい場合にこう診断される事もあると言われます。隠れたより重篤な病気(ガンなど)を見逃す危険も皆無ではないため、複数医師の受診も安心につながるひとつの手です。

もっと見る