肝臓がんを予防する方法|発症リスクを抑えよう

早期なら内視鏡手術が可能

女性

大腸がんは初期症状が出にくいので早期発見が難しいのです。そのため50歳を過ぎたら積極的に内視鏡検査をすることが大事です。検査でポリープが見つかった場合はその場で切除ができます。大便に血が混ざっていて気づくことがありますが、その時には症状が進行している場合が多いのです。大腸がんの治療の特徴は、初期の段階なら内視鏡治療で患者の負担が少なく処置ができる点です。大腸の内側からがん細胞を切り取るので、お腹を切らずに手術が可能です。大腸がんの標準治療は他のがんと同じく、外科手術、化学療法、放射線治療を組み合わせて行われます。初期の段階から進んでいる場合は開腹手術をすることになりますが、その後は再発と転移を防ぐために化学療法と放射線治療が行われます。

大腸がんは生活習慣病の一種だと考える医師もいます。普段の食生活や運動不足などががんの発症に大きく影響しているのです。大腸がんを予防しようと思ったら、食生活に注意する必要があります。また大腸がんの手術をした後でも食べる物に注意が必要です。手術後は基本的に食事制限はないのですが、栄養バランスが偏らないように1日3食をしっかり食べるようにします。注意したいのは消化の悪い食品や食物繊維の多い食品です。これらは手術後に食べると腸閉塞を起こすことがあります。手術後3ヶ月経過して医師の許可を得てから食べるようにします。またガスが発生しやすい食品や刺激のある食品を控えた方がよいです。特に辛い食材は刺激が強いので控えます。